Diamond - ダイヤモンド -

1/fのダイヤモンドは全て最高品質のカット

トリプルエクセレント(3EX)

エクセレントの中でもカットの3つの要素(=プロポーションを含む、総合評価、対称性、研磨の状態)全てがエクセレントと評価された最高級のエクセレントを『トリプルエクセレント』といいます。

トリプルエクセレント(3EX)
1.カットの総合評価 カットの評価が5段階で、最高級のエクセレント
2.Polish(研磨状態) ダイヤモンドの表面がつるつるに磨き上げられている
3.Symmetry(対称性) 左右・上下の対称がそろっている

1.~3.の全てが最高評価であるExcellentになった場合、「究極のエクセレントカット」と呼ばれる『トリプルエクセレント』カットと呼ばれます。

ハート&キューピッド

テーブル側(上面)から見る8方向に放たれた矢が、パビリオン側(底面)から見ると8のハートが見える、まるで愛のキューピッドがハートを矢で射って、幸せを約束した瞬間を思わせる美しいダイヤを『ハート&キューピッド』と呼んでいます。

ダイヤモンド選びの基本は『4つのC』

詳しく知りたい方には、顕微鏡やサンプルストーンを使ってご説明します。
同じカラットでも、傷の量の他、無色度やプロポーションなどにより、グレードが詳細に分けられ、ご希望・ご予算に応じた対応が可能です。是非、ご遠慮なくご予算をお伝え下さい。わかりやすくダイヤモンドをご説明させていただきます。

カラット

ダイヤモンドや他の宝石の重さをあらわす単位です。
(1カラット=0.2g)

カラー

カラーは無色に近いほど希少性が高く、
D~Zまでの23段階のグレードに分けられています。

クラリティー

クラリティーはダイヤモンドの透明度の評価です。
自然の内包物や外部の特徴を10倍に拡大して検査し、
11段階に等級付けされています。

カット

カットはダイヤモンドのプロポーションと
研磨の技術的な評価です。
5段階にグレーディングされています。

Grading report 鑑定書

◆ 中央宝石研究所(CGL)◆

日本三大鑑別機関の1つ。日本のダイヤモンドの約70%をグレーディングしていると言われる国内最大手の鑑別機関(宝石学の研究・教育、鑑別・グレーディング業務を行っている会社)。宝石鑑別団体協議会(AGL)加盟。写真やカバーのセンスの良さが人気。

◆ AGTジェムラボラトリー(AGT)◆

日本三大鑑別機関の1つ。宝石鑑別団体協議会(AGL)加盟。

◆ 日本ジェムテスティングセンター(GTC)◆

米国宝石学会(G.l.A)システムに基づき、G.l.A-G.Gたちのダブルチェックによる G.l.Aシステムの鑑定・鑑別書の発行を行っている。

◆ GIA USA ◆

アメリカの鑑別機関。 世界的に流通している。
Grading report